2017年9月18日

僕が投資を始めたのはまだ10代の頃です。
最初は小額の株から始めたのを覚えてます。
マルクスの資本論:英 (Capital:critique of political economy)を
読んだのがきかっけでした。
本当に難しい本で、当時ざっくり概念しか分からなかったです。
それ以降、少しずつ理解を深めていき、
今では株、不動産、金、プラチナ、ビットコインなど
多岐にわたって安定した利益を出しています。
(って、別に僕は成功体験情報商材を売るつもりなんかじゃありません💦)

当時とっくにバブルは弾け、株価は低迷、土地価格も底なしの様に低迷していました。そんな時期から少しづつ小額で始め、その後のITバブルの崩壊、リーマンショックに至り何とか生き残り、今では多少の資産も形成できたと思ってます。

時期が良かったのでは?
そう言う人もいます。でも僕自身はそんな事はないと思います。
なぜなら僕は最初から投資と投機の違いを理解できていたからだと思うのです。


 

投資と投機の違いとは

これはとても簡単な違いがあります。
まず、見つめてる時間軸が違います🙄

投資とは基本的に、投資対象を長期的な視点をもって資金を投入し、
時間を味方につけて資産をふやします。
まぁ、時間をかけて投資対象を育てる感覚です。
上手く分散できてれば、ほっといても資産は貯まる一方です。

一方、投機とは、短期的な売買を繰り返し、勝った負けたを繰り返し、
トータルでプラスにもっていことする売買です。
いわゆるギャンブルです。
僕も遊びで経験はしてますが、正直とても忙しいです😰
これがいわゆるデイトレーダーや、FXでいうスキャルピングです。

双方ともにメリット、デメリットがありますが、そういう事も含め
忘記録として残していこうかと思います。


それと僕は取引履歴などは基本的に公開していません。
以前やっていたブログで遊びでやっていたFX(為替証拠品取引)の取引履歴を
公開したところ、急にブログの反響があり
ついつい僕も調子にのり、本来やらないスキャルで小さな莫大な勝ちを積み上げ、
ユーロ危機でそれ以上の莫大な負けをしました。
僕は、基本レバレッジをかけないので3桁の負けでおさまる事が
できましたが、とにかく忙しく、
ブログ自体も、妙な過熱感があり
僕自身の、長期でのんびりというスタンスでは
なくなってしまいました💦
まだまだ未熟者であり、生涯勉強です🌞

暴落

また、取引履歴自体、ネットに溢れている情報商材のように
いかに勝ってるかなどと画像編集、加工ぐらい
僕でもできてしまい、もはや意味はないと思います。

そうです、僕のスタンスはいつでも長期です。