2019年10月10日
タバコ,禁煙

 

今まで「禁煙」なんて一度も考えた事がなかった。始めた時も何となくだったから、やめる時も何となくでいんじゃないか。

一日に一箱半。つまりは30本を平均で吸っていた。金額にすると一日で約700円使っていたという計算になる。

冬は「セブンスター」で、暑い季節になると「COOL」が定番だった。

なぜやめたのだろうか?

もう何十年と共に生きてきたのに。
雨の日も風の日も、辛い事があった夜も、体調が最悪の時も、彼女に振られた夜も、両親が亡くなった後も。

いい事があった日も、悪い事があった日も一日も休まず続けてきた唯一の事

親、恋人よりも親密な関係

 

思えば人生の中で一番長く共に時間を過ごしてきたと思う。14歳より吸い始めたという事は、両親と生きた時間よりも長く、奥さんと過ごした時間よりも長く一緒に生きてきたのだろう。

そして、一番側にいた。

朝起きて一服、朝食後に一服、シャワー浴びて一服、コーラ飲んで一服、音楽を聞きながら一服、移動する前に一服、一仕事終えて一服、喫煙所を見つけると一服、酒を飲んで一服、寝る前に一服・・・

節目節目を見つけては、それを理由にして常に一服・・

まぁ、こんな事をしていけば一日30本、友人と会ったり酒が入れば50本ぐらいは軽くいっていた。

恋人よりも密な時間を過ごしていたのは間違いない。

なぜ、それなのにやめたのか・・

いい思い出しかないのに・・

 

禁煙,コーヒー

冬の夜空を見上げ、缶コーヒー片手に吸うタバコのうまい事。
時には人生の無常を思い、時には宇宙構造の根源を考えながら・・

時には大好きだったあの人を思い浮かべ・・
真冬の星空と缶コーヒーと煙草。
あれほど男をナルシスティックにさせるアイテムは他にあるんだろうか?

さらに贅沢を言わせてもらえれば、好きな音楽もあればなお最高だ。

Billy Joelの「Honesty」は良かった。
なぜなら、あの曲を聞きながら一本吸い終わると不思議と自分の位置が掴めそうな気分になった。

ーあぁ自分はやっぱり孤独なんだとー

 

 

そうやって世界の隅々にまで入り込んでいたスモーキングライフに不満はなかった。

ではなぜタバコをやめたんだろう?

 

別れは突然にやって来る
恋人との別れだってそうだ。実は本当に心から愛した人には、自分から別れを告げた。あまりにも素敵すぎたから。

愛は時に人に勇気を与えるが、同時に人を臆病にもさせる。

それは自分に自信がないからという事の同意語だ。

突き放してみて本当に必要なのか自分自身に問うてみる。意気込む必要はない、あくまでさりげなくだ。

意気込んで大騒ぎする人間ほど失敗する。

昔、タバコをやめるってどういう事だろうか? と想像してみた事がある。

煙草をふかす自分の姿。節目節目事に煙草を吸っている自分の姿。

生きている合間に吸っているのか、煙草を吸う合間に生きているのか分からなくなっていた。

煙をゆっくりと肺に入れ、まんべんなく肺に循環させて、ゆっくりと吐きだす。

早すぎる時間の流れに楔を打ち込む様にまた煙草を吸う。

深く、ゆっくりと・・

そしてまた、ゆっくりと吐く。

ーこれをやめるのか?ー

もはや「煙草」というものが、自らの存在を証明するアイデンティティの一つになっていたのかもしれない。

煙草を吸っていた時間を失って、その浮いた時間は一体何をしていればいいのだろう?

ーニコチン依存症なのかー

認めたくなかったが、ある時期から開き直っていたのだと思う。

ではなぜ、こうもアッサリやめられたのだろう?

8月のお盆休みから吸ってないから、もう2ヶ月(60日)は吸ってない。

以前、喫煙者の行動をインターネットで研究(※)した機関の調査結果によると、禁煙をトライした人が再び再喫煙してしまう日数で一番多いのが105日ぐらいだという。

あと40日ほどか・・・

自分にできるだろうか?

しかし不思議な事に、「タバコをやめた喪失感」は思った程、強くなく105日もクリアできそうに思う。

今では・・

何でタバコなんて吸ってたんだろう?

 

っと、思うようになっている。

やめるやり方が良かったのかもしれない。

まぁ元々、「禁煙をしよう!」と意気込んだ訳ではないので、このまま「卒煙」しても、「再喫煙」しても、どっちでもいい。

あるがままに生きるのが自分らしい。

「喪失感」のその先

 

しかし注意しなければいけない事がある。それはタバコを失った喪失感の穴埋めをどこに求めるかだ。

妙に嫌煙家になり、健康志向に目覚め、プロテイン常備の筋トレ野郎になり、日サロで真っ黒になってる奴ほど痛いものはない(身近にいますけどww)

喫煙してる頃から、GIMに通い、マラソンは時々していた。同程度でいい、あとは家族にその穴埋めをお願いしよう。

あるがままでいい・・・

「禁煙」&「卒煙」カテゴリーでは、タバコに対する思いと、なぜタバコをやめたのか、今後どうなっていくのかを記録していきたいと思います(`・ω・´)

(※):Ataru Igarashi, et al., “Web-based survey on smoking cessation behaviors of current and former smokers in Japan.” Current Medical Research and Opinion, Vol.30, Issue10, 2014

タバコをやめた「喪失感」の、その先に・・

投稿ナビゲーション


タバコをやめた「喪失感」の、その先に・・” への4件のフィードバック

  1. 初コメです(╹◡╹)
    猫さんはタバコのイメージがありましたが、やめるのはいいことだとおもいますよ(о´∀`о)
    おうえんしてます
    あと、猫さんがのってらっしゃるクルマっていくらくらいするんですか? のってみたいです( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

  2. 頑張って下さい!
    私も5年前に辞めました。今では煙草に使っていた分、他の事に使えるしいい事ずくめです。
    応援してます!

  3. 猫さん、ヘビスモさん、愛妻家さん、どもです。ありがとうございます。
    直接メール頂いた方々もありがとうございます。
    っと言うか、禁煙話ってこんなに反響あるもんだとビックリしました。

    別に「禁煙」を宣言した訳ではないのでのんびりやらさせてもらいます😅(明日には吸ってるかもねww)

    猫さん、イヴォークのダイナミックは新車で800万くらいかな???かも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。